代表
田中康友 (YASUTOMO TANAKA) 元SKアブソリュート所属

主な経歴
18歳より総合格闘技を始める
22歳ZST SWATでプロデビュー5人対抗戦で優勝。
その後、パンクラスに主戦場を移しキックボクシングのチャンピオン、後にUFCファイター、修斗のチャンピオンになる選手とも対戦し、ネオブラットトーナメントで準優勝する。
怪我や生活環境の変化により一時はプロのリングから離れるも、DEEP川越にてメインイベントに抜擢され勝利する。
2019年9月22日fightingnexuses川越、所英男選手とのエキシビジョンマッチにて引退。
格闘技の他に、2011年NSCAパーソナルトレーニング習得経験、接骨院での実務経験を活かし、会員様の美容と健康に導くお手伝いができるように勤めてまいります。     

総合格闘技戦績
16戦9勝4敗3分

水曜初心者柔術クラス担当
樋口弘信(HIRONOBU HIGUCHI)DRAGON’S DEN所属

主な経歴
柔術黒帯、柔道二段、空手、MMA、グラップリング経験あり

  • JBJJF 第11〜13回全日本マスター柔術選手権 黒帯 優勝 三連覇
  • プロフェッショナル修斗 柔術マッチ出場
  • JBJJF ランキング2018 マスター 3〜6部門 黒帯 2位
  • JBJJF ランキング2019 マスター 3〜6部門 黒帯 1位

その他入賞経験多数あり

一言
柔術は、海外企業の福利厚生に取り入れられるなど話題のスポーツです。
ウェイトトレーニングと違い、体幹や全身運動で体を鍛える事ができ、シェイプアップ効果を高め、護身を身に付ける事も可能です。
初心者や女性の方でも気軽に参加する事ができます。
是非この機会に柔術を体感してみて下さい。

木曜初心者キックボクシング / 木曜キックボクシングスパーリングクラス担当
長井 憲治 (KENJI NAGAI) 元U-FILE CAMP所属

主な経歴
約20年前にサラリーマンをしながらキックボクシングを始めて26歳でプロデビュー。
29歳で総合格闘技に転向、39歳で引退するまで一貫してサラリーマンファイターとして闘う。数々の団体に上がり30戦以上のキャリアをもち、WFCA世界ミドル級タイトルマッチに挑戦経験もある。
トレーナーとしては数多くのプロ選手の打撃コーチングをし、その経験を活かし、現在もプロランカー選手のコーチングをしている。
GONG-GYM代表でもあり田中康友の先輩でもある。     

主な戦績
元日本キックボクシングヘビー級3位
総合格闘技:24戦8勝14敗2分
キックボクシング:9戦3勝4敗2分

出場団体
HERO’S、DEEP、ZST、パンクラス、ASTRA
MAキック、掣圏道、Krush、Beast ofthe east
(WFCA世界ミドル級タイトルマッチ・ポーランド)、inokigenomu4、U-style

パーソナルトレーニング / 月曜日フィトネス担当
関口 貴久 (TAKAHISA SEKIGUCHI)

主な資格

  • 柔道整復師
  • パーソナルトレーナー/トレーニングアドバイザー
  • 全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)認定パーソナルトレーナー習得
  • 日本トレーニング指導者協会(JATI)認定指導者習得
  • 競技パフォーマンスの向上や怪我の予防、ボディーメイクが専門分野

過去に高校スキー部、フルコンタクト空手、総合格闘技フィジカルトレーニング担当

2018年より日本国際テコンドー協会における埼玉県内での大会に大会救護スタッフとして帯同。
元都内整形外科勤務、元専門学校非常勤講師

一言
私自身もキックをメインにしてジムの通常練習に参加させて頂いておりますので、パフォーマンスを上げたい選手の方や安全かつ効果的にボディーメイクを行いたい方など、お気軽にお声がけ頂ければ幸いです。